事業紹介
MENU
会社概要
事業紹介
事業所案内
安全・安心への取り組み
環境への取り組み
採用情報

パスコ・エクスプレスは、荷主様からお預かりした食品を、3,000箇所を越える納品先に毎日お届けしています。納品先としては、量販小売店、食品スーパー、売店、コンビニエンス物流センターなど、荷主様からご依頼のあった小売店、物流センターに、納品先のご要望時間にあわせて配送を行なっています。物流ネットワークは東海3県全域、長野県・和歌山県・静岡県の一部に及んでいます。
量販小売店、食品スーパーなどには、全店開店前納品を行なっています。

パスコ・エクスプレスは創業間もない一物流会社ではありますが、創業90年を迎えたPascoグループの一員として皆さまより信頼をいただいております。グループの名に恥じぬよう、常に公正で透明な企業活動に努めております。お客様の信頼と、食品の品質を運ぶ物流会社として、これからも邁進してまいります。

パスコ・エクスプレスのほとんどの従業員は、Pascoで長年食品物流に携わってきたスペシャリストです。だからこそ食品の繊細さを知り、その取り扱い方を熟知しています。長年培ってきた経験は、間違いなく皆さまの信頼に通じるものと思っています。

パスコ・エクスプレスの配送車は、すべて庫内の温度調整ができる「温調車」です。配送中の庫内温度は常に食パンに最も適した温度帯である20℃前後に保ち、デジタルタコグラフに連動している温度計で管理しています。製造していただいた食品のおいしさを損なうことなく、「おいしいものをおいしいままに」お届けすることが、パスコ・エクスプレスの使命であると考えています。

環境問題は人類共有の課題です。食品物流の共同配送化は企業の社会的・公共的使命と考え、パスコ・エクスプレスは、積極的に取り組んでまいります。東海地方以外におきましても、Pascoの物流網と連携し、環境にやさしい企業としてサービスの提供に努めてまいります。

パン物流は、従来各メーカーとも自社配送がメインでした。パン物流を核とした共同配送事業は、まだ始まったばかりです。常温ではない20℃という温度帯と、年中無休の物流ネットワークを活用した新しい提案で、パスコ・エクスプレスは今までにない物流ソリューションを提供してまいります。