環境への取り組み
パスコ・エクスプレストップ > 環境への取り組み > 環境への取り組み
MENU
会社概要
事業紹介
事業所案内
安全・安心への取り組み
環境への取り組み
採用情報

かけがえのない地球環境の保護は、我々物流業者においても当然の社会的責任です。
当社は、環境に配慮した物流サービスの提供を通じて地球環境の保全と環境負荷の低減、健康的な生活環境のための活動に積極的かつ真摯に取り組みます。
「グリーン経営認証」とは、「交通エコロジー・モビリティ財団」が認証機関となり、環境改善に向けた取り組みを行っている事業者に対して、審査の上認証・登録を行うものです。「自主的で継続的な環境保全活動」は当社の方針でもあり、社内の取り組み意欲向上のために、2008年6月に全事業所で取得しました。
当社は、環境問題への取り組みが人類共有の課題であると認識し、企業の社会的、公共的使命を自覚し、『よき企業市民』として地球環境保全に積極的に取り組み、地域社会の発展に貢献し、社会から一層信頼される企業を目指します。
  1. 環境関連法規制、条例、協定及びその他の要求事項を遵守し、環境負荷の低減、環境汚染の防止に努めます。
  2. 自動車からの排出ガスによる地球温暖化、大気汚染を防止するため、エコドライブの実践、低公害車の導入を推進します。
  3. 環境教育、啓蒙活動を通じて全従業員に本方針を周知するとともに、社員の意識向上を図り、地域の環境保護活動に積極的に貢献します。
  4. 廃棄物の適正処理、リサイクルを推進します。
  5. 環境目標を定め、定期的に見直すことにより、環境保全活動の継続的な改善に努めます。
  6. 本方針は広く社外に公表します。
あいち新世紀自動車環境戦略に掲げる施策に積極的に取り組む事業所を「自動車エコ事業所」として認定し、その事業所の実施する取り組みを通じて自動車環境の改善を図る活動により、パスコ・エクスプレス犬山営業所、刈谷営業所が、平成21年度愛知県より認定を受けました。

ユニフォームの素材は、リサイクル可能な繊維を使用しました。交換・回収されたユニフォームは「ケミカルリサイクル」により、新しいユニフォームに生まれ変わります。デザインも、作業性・機能性・視認性を重視し、安全・安心な作業が行なえるよう工夫されています。
 

ハイブリッド車の導入
当社は都市内での運行が主体で、住宅街での運行も少なくありません。アイドリングストップ、低燃費走行の推奨などの取り組みと平行して、更なる環境への配慮が重要であるという観点から、ハイブリッド車を積極的に導入しています。
クリーンディーゼル車の導入
政府は2020年までにCO2を1990年比で25%削減することを中期目標として掲げており、今日、低炭素社会を実現させることが大きな命題となっています。クリーンディーゼル車(※)の導入は、それを実現するための重要なツールであり、環境保全に有効であると当社は考えています。現在世界で最も厳しいポスト新長期規制に適応する『クリーンディーゼル車』を導入し、社会の一員として広く環境保全に貢献していきます。
(※)低燃費かつ粒子状物質や窒素酸化物の排出量が少ないディーゼル車